2005年 04月 13日 ( 2 )

近所の西友に塩分の少ないもずく酢が売っているので、最近よく買いに行く。
実は今年の正月、おれの体重が90kgを越えたときにおれと妻が選択した減量法は「夜、炭水化物をとらない」というごくありきたりなものだった。

おれがガン告知を受けてからもその減量法は続いているのだが、満足感のある食事で炭水化物を抜くのはなかなか難しい。
そこで今日は俺様風居酒屋メニューで食卓を飾ってみた。

 #将来、妻と居酒屋をやるのが夢なのである。

今夜のメニュー

 もずく酢
 めかぶまぐろの温玉オクラソース
 づけまぐろの白胡麻和え
 カキの燻製
 ヤマブシタケのおひたし
 いちご

これに「蕃爽麗茶」を添える。
蕃爽麗茶はグアバ茶が主成分なのでたいへんクセが強く、慣れないと飲みにくいが、ウーロン茶や麦茶と比べたときの「飲みにくさ」が、不思議なことに「酒の代替品」としての役割を果たす。備前焼の片口などに入れ、お気に入りのぐい呑みでちびちび。
う~ん。ホント気分は居酒屋だなあ。

夜、やや腰痛が強いのでカプサイシンとインドメタシン配合の湿布薬を張って寝ることにする。
これで少し楽に眠れるといいんだが。いくら市販のものとはいえカゼ薬と鎮痛剤を併用し続けるのはよくないだろう。

タバコ 21:30 1本 ネオシーダー 22:40 1本
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-13 23:23 | 入院まで
ぼくらは都営地下鉄沿線に住んでいる。
引っ越して4年近く経つが、致命的な遅れや運休もほとんどなく、優秀な運行状況であった。

ところが今日、初めてその地下鉄のダイヤが麻痺した。

あわてて電車を降り、妻とタクシーをつかまえて飛び乗ったものの、またその運ちゃんがトロ~いしゃべり方で「小滝橋とお~、馬場周りとお~、どっちにしますかねえ~」。

 そんなこた知るか。
 一番早いと思う道を行けばいいじゃねえか。
 おまえプロだろうが。

そんなやりとりが数度繰り返され、なんとか会社まで数十メートルの距離まで乗りつけた。

ストレスは日常に点在している。
ある程度余裕をもって構えることでその陥穽を避けることはできるが、今回の車両故障のように突発的事故だけは対処のしようがない。

こんなときのために普段から、小さなことで怒り狂って心のダムを決壊寸前状態にしておくことだけはやめようと思ったのでした。まる。

【朝食】
トマトガーリックパスタサラダ。もずく酢。ワカメとヤマブシタケのスープ。
タバコ 9:00 1本 10:00 1本

【昼食】
中華定食(エビチリソース)。しぶしぶとおかずと飯を半分残す。
激甘で大盛りだったんだもんなあ。
タバコ 15:00 1本 16:00 1本
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-13 11:35 | 入院まで