2005年 04月 10日 ( 2 )

半身浴をして昼寝をしたらカゼの調子がだいぶいい。
少し患部付近が痛むので、市販の鎮痛剤(イブA)を服用。
それにしてもこの薬はたちどころに痛みが止まるからすごい。

 #だけどなんで患部付近が痛むんだろうなあ。
 #不定愁訴ってやつかなあ。。。

痛みが止まり、機嫌がよくなったので、洗濯をしたり、台所の掃除をしたり、退院の日の勝負服を選んだりする。

退院の日かあ。予定じゃ5月末~6月だからなあ。
結構暑くなってるかもしれないな。

夏ものの紺ブレザーとグレイのスラックスでいいかな。
中のシャツは半袖にしたほうがいいな。
ネクタイは、むかし妻がうっかり洗濯機で洗ってしまったトリコロールのレジメンタルにしよう。

そうこうしている間に急激にハラが減り、どうしてもラーメンが食いたくなる。
だが、ここはガマンガマン。
そんなものは元気になればいくらでも食える。
人として体重78kg・体脂肪率35%(現在82kg・38%)くらいまではコントロールしてから手術に臨みたい。

なんだかガンにきくらしいというウワサの「もずく酢」を、これからはおやつ代わりに用意しておこうと決意した。

【夕食】
トマトスープかけごはん&もずく酢。おれは昼に卵を食ったので卵抜き。
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-10 17:56 | 入院まで

2005/04/10 小さな驚き

タバコをやめることにしたのだが、一気に「やめなければ」と考えることもストレスの原因になるようなので、ネオシーダー(煙の出るのどの薬)を代替品にすることにした。

ところがこれをはじめて3日目でのどが痛くなってしまったのである。
ネオシーダー経験者の友人いわく、禁煙準備のためにネオシーダーを使用すると逆にノドが痛くなったり、咳や痰が多くなったり、果ては「ネオシーダー自体がクセになる」という話なので、ガムを噛んでタバコをがまんしてみることにした。

 ※ガン発覚前から節煙方法としてガムをかんでいたのだが
 食欲が落ち、体力が下がるとともに、ものを噛むという気力も
 低下していた。噛む気力が復活しているのはいいことだと思う。

しかし喉のイガイガ感はなかなか消えず、少しだるいような気がしてきた。
安定剤や導眠剤を使ったわけでもないのにアタマがぼーっとしている。
でもこの症状がガンのためではないという判断力だけはある。
ステージ1b2の自覚症状として、こんなものはあるはずがなく、あそこまで主治医がはっきりおれ自身に告知しており、しかも「切る」と明言しているのだから、こんな症状が発生するステージのガンではないことは明確だ。

 #って神経科の先生も言ってたし。。。(やや弱気)

それに前にもこんなことがあった。あれはなんだったろう。。。

そうだ。

寝汗とだるさ、少しアタマがぼんやりして、咳が出る。
そういえば鼻水も出るみたいだ。

これは「カゼ」だ。

なんだかおれはちょっとだけうれしくなってしまった。
なぜかはわからないが、ガンでもカゼを引くことはあるのだと知ったら、うれしくなってしまったのである。
もちろん手術を控えてカゼをひくということが好ましくないことは知っている。
だからやさしい味のスープやお茶を飲み、消化のよい食事をきちんと摂って、暖かくして横になろう。
ビタミンCのサプリや野菜ジュースも飲んで、普段どおりにカゼを治そう。

おれは生きているんだ。

【朝食】
そうめん。にんにくの芽とヤマブシタケのおひたし。

【昼食】
トマトスープごはん@温玉のせ。
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-10 09:36 | 入院まで