子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

どうにかこうにか

2年目の桜です。
みなさま本当にありがとうございます。
[PR]
# by jack-dancer | 2007-04-03 13:54 | 術後1~2年

困ったもんだ

親父がちょっとピンチです。
感染症らしく熱が下がらず、菌が認められるものの原発は特定できず。
熱の影響でちょっぴり徘徊なんかもしちゃって妹はもうパニックになってました。
しかもガンコなので救急車で入院したのにさっさと退院しちゃうし。

 ※あれ。どこかで聞いたようなw

まあ、病院が「帰らせた」ということはさほど症状はひどくないのでしょう。
とりあえず明日、病院につれていって話を聞いてくるつもりですが、おどろいたことが1つ。

入院した病院というのは地元でも結構大きくて、某大企業様の指定病院などにもなっている病院です。
しかし、妹証言によればこの病院の看護士、患者のことを「おじいちゃん」と呼ぶらしいのです。

 。。。怒りを通り越して呆れています。

親父は76歳ですが50代後半に見えるとかそういうことじゃなくて。

たぶんこういうことに対して不満を言っても意識の低い人は絶対に理解することはできないと思います。
つまり彼女たちは「看護婦さん」と呼ばれることに慣れており、なんら疑問を持っていないに決まっているからです。
きっと「看護婦さん」ではなく「おばさん」「おねえちゃん」と呼ばれれば、漠然と理解できるかもしれません。

こんどうちの親父を「おじいちゃん」と呼ぶ看護士をみつけたら「おばさん」ないしは「おねえちゃん」と切り返すことにします。

もちろん親父は転院させる予定です。
[PR]
# by jack-dancer | 2007-03-22 12:42 | 術後1~2年

春です

まだまだ寒いんですが気分だけでもアンダルシア。イエーイ(謎)。
[PR]
# by jack-dancer | 2007-03-19 01:29 | 術後1~2年

下がり続けるマーカー

外来に検査結果を聞きに行きました。
またマーカー下がっててびっくり。
妻曰く「りうまちで上がってたんじゃないの」。
胸腺が大きくなったのもそのせいだったんだろうか。

いずれにしろCT早く撮って安心したいところではあります。
[PR]
# by jack-dancer | 2007-02-16 23:18 | 通院記録

事件のツボ

NASAのエリート宇宙飛行士が殺人未遂で逮捕されたというニュースを見た。
厳しい訓練に耐え、精神の平衡を保てなければ命に関わるような緊張感の連続をくぐりぬけてきたアストロノーツが「嫉妬」というごく人間的な感情に逆らえず、恋敵を害しようとした。
一編の小説になりそうな話である。

しかしぼくらの食いつきどころはちょっと違う。

 NASA製
 日本円にして12000円の紙オムツ


とはどんなスグレモノなのかということだ。

いや。放射線照射後の尿漏れが一向によくならないものでw
[PR]
# by jack-dancer | 2007-02-08 14:24 | 術後1~2年

暖冬と通院

今日は朝から冷え込んだし薬を飲むのが遅れたのでちょっとりうまっち~が悪化してましたがいつになく快適なT医大病院。
どうせ遅れるだろうからと妻と2人、のんきに松屋で朝飯を食っていたらいきなり順番を飛ばされていたりしてびっくり。
診察がまた短時間でびっくり。
次回の予定も採血の予約も順調。
CTの予約にいたっては

 山本耕史医師(仮名)
 「すっごく順調だし1ヶ月くらい遅れてもいっかあ♪」

ということで2月撮影の予定が3月17日になったりして。
土曜日だしリウマチ外来と同じ日でしかも朝イチだから一日を有効に使える。

山本医師といえば季節の変わり目に山本太郎のごとき短髪となりうっすらヒゲなど生やすため、妻とおれは「ハント仕様」などとかげ口をささやきあっているのだが(うそですせんせいとてもおにあいですごめんなさいぺこぺこ)、今年は平年よりやや早いハント仕様だった。
暖冬の影響だろうか。ナゾだ。
[PR]
# by jack-dancer | 2007-02-02 13:34 | 通院記録

やれ困ったのう

マジメな話、リウマチの薬はもうあんまり効いてないみたいです。
炎症は数値に出ていないので押えられているという話ですが、なにかがヘンです。
こういうときに遠慮をするとあまりいいことがないので今度の診察のときに言おうと思います。

しかしながらぼくのリウマチ主治医はカルテから顔を上げません。
愁訴は聞き流されてしまうわけではなく、きちんとカルテに記録をして、後日すぐに確認できるようにしてくれているのですが、彼と話しているとまるでカルテが診察を受けているような気になってきます。

あんたの患者はおれなんだよ。
[PR]
# by jack-dancer | 2007-01-31 14:39 | 関節リウマチ
先日、鬱がひどくて会社をサボり、ついでに定期検診までスキップしちゃいましたあ。てへ。
しかもちょっと前からリウマチがじわじわ悪くなってるんですがあこれはいったいどうしたことでしょう。
今日はおひるになっても右手指が全体にこわばってます。くすくす。
なんだかおくすり効きが悪くなってますよお>T医大リウマチ膠原病科T先生
[PR]
# by jack-dancer | 2007-01-29 12:13 | 関節リウマチ

近況

関節リウマチは横ばいorやや悪化している状態です。
尿漏れは悪化の一途。もうおしめなしにはいられません。
リンパ浮腫は先日なぜか劇的に悪化し階段を上るのにも苦労しています。

でも元気です。
QOLとかいう単語なんかどうでもいいってくらい元気。
毎日が楽しくてしかたありません。
足をひきずり、おしめをつけて、それでも妻とげらげら笑いながら通勤しています。

もう贅沢は言いません。
この時間がいつまでも続きますように。
[PR]
# by jack-dancer | 2007-01-22 19:47 | 術後1~2年
ぼくの命は家族に救ってもらった命です。
妹夫婦が決して多くないだろう蓄えの中からぼくの入院費の不足分を貸してくれました。
いままで数々の不義理を行ってきたにも関わらず。

ぼくの命はT医大を始めとする、数々の病院の医療スタッフに救ってもらった命です。
外来にふらっと現れたぼくを婦人科に紹介してくれたHクリニックのH先生。
ぼくのガンを疑い、即日T医大に紹介してくれたWクリニックのK先生。
そして山本耕史(仮名)先生ほか手術とフォローアップに全力を尽くしてくれたT医大チーム。
ご恩は一生忘れません。

ぼくの命は妻に救ってもらった命です。
雨の日も風の日もかかさず面会にきてくれただけではなく、ぼくの留守中の職場を預かってくれた彼女の献身なくして、ぼくはこの空気を呼吸をしていることもなかったでしょう。

それなのに。

急性アルコール中毒で救急車騒ぎ

とはなんたることか。

気づいたときには新宿の繁華街ど真ん中にある某総合病院。
恥ずかしいというか言語道断というかもうぎゃあと叫んで床の上をころがりまわり机の角にアタマをぶつけて気を失ってしまいたいと思う。
T医大に担ぎ込まれなかったことだけが唯一の救いといった状態。

タバコは去年やめました。
酒もやめようと心から思います。

みなさま申し訳ございません。
[PR]
# by jack-dancer | 2007-01-15 12:30 | 術後1~2年

遅ればせながら

あけましておめでとうございます。

実はスポーツ万能を標榜しておりますがスキーもスノーボードもできません。
気分だけでもw
[PR]
# by jack-dancer | 2007-01-10 19:10 | 術後1~2年

躁鬱

今日は激躁状態です。
入院中に知り合ったおともだちとはとても元気そうな声で電話ができたし、外来を闊歩するなな子先生の姿は見られたしお世話になった看護師さんには会えたしムンテラの鬼・F医師の姿も見えたしマーカーは下がってたし。
うれしいことがあるととことん躁。
山本耕史医師(仮名)にあやうくこのページの存在を話してしまいそうになったほどでしたw

 おれ「ここ3回分でいいのでマーカーの推移を印刷してください。HPに載せるので」
 山本「えっ。JackさんHPやってるの? 闘病記みたいなの?教えてよ」
 おれ「(しばし絶句)いや。。。あの。。。」
 山本「やっぱ恥ずかしい? あんまり見ないようにするから。
    っていうかぼくあまりインターネットやらないし」
 おれ「いえ。。。先生のこととかも書いているので。。。」
 山本「え~っ!!!! なんか恥ずかしいなあ!そうなの!?」

いつになくハイなぼくらでした。
[PR]
# by jack-dancer | 2006-12-15 13:54 | 通院記録

前向きな話

現在、部屋の模様替えを余儀なくされている。
理由は妻のぜんそく発作予防のためだ。

おれたちの部屋がかかえている問題はおよそ以下の通り。

 1)部屋がせまい。
 2)収納が少ない。
 3)そのくせモノ(特にぬいぐるみ)が多い。
 4)それなのにぬいぐるみをしまおうとするとしまいかたが悪いと怒り出す。
 5)捨てようとすると確実に泣き叫ぶ(から捨てるとか言えない)

しかしもともとせまい部屋の模様替えは容易なことではないし、そもそも方向性が定まらないとよけいにちらかって見える。
この多種多様にわたって集められたぬいぐるみをどうすればまとめられるというのだ。こまった。。。けど。。。そういう風景ってどこかで見たことある。。。かも。。。

そして一休さんになることしばし。

 #ポクポク。。。。。チーン♪


そうだ。
子供部屋だ(爆)

コンセプトが決まれば仕事は速いほうなので予算さえひねり出せばなんとかなる。
子供部屋用のインテリア雑誌でも読んでみるか。
[PR]
# by jack-dancer | 2006-11-22 16:29 | 術後1~2年

ようやく

1ヶ月かかって立ち直りました。
また今日からがんばります。
[PR]
# by jack-dancer | 2006-11-22 16:03 | 術後1~2年

退院決定

なんかよくわからないのですが、妻から聞いた説明をそのまま文章にします。

 妻「なんかね。鼻に空気みたいなのぶ~って勢いよく通してね、
   そのときいっしょに耳にもパイプあててね、ぶ~ってしてもらうの。
   そしたら急に耳が通っていいカンジになったんだけど、
   ちょくちょくしてもらえることじゃないんだって。
   でもね、空気ぶ~ってしたらすごく調子よくなったの。
   あした退院するまえにもぶ~ってしてくれるって。
   うれしくて帰ってくるときおどっちゃったあ」

やっぱりこれではよくわかりませんね。
そうでしょうそうでしょう。
ぼくもなんだかさっぱりわからないのですが、退院が決定したようで本当によかった(爆)
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-30 23:02 | 術後1~2年

殺意

妻の留守中に妻の母親が来てうちにきてひと暴れしたらしい。
ストレスが原因と言われている病気であり、ストレスの大部分は子離れできないおかあさんの言動に端を発するのだが。
入院したのが個室であることをいいことに、妻もおかあさんに電話をかけて怒鳴り放題。
これではよくなる病気もますます悪くなってしまう。

おかあさん。
娘のことが心配なのはたいへんよくわかるのですが、少しは子離れしてください。
彼女はあなたから独立しようと必死なのです。
そして彼女に精神的な負担をかけないであげてください。
彼女はたいへんあなたのことを怖がっているようですが、たまには電話をかけさせたり手紙を書かせたり落ち着いたら遊びに行かせたりと、できるかぎりの努力はいたしますので。

それでもわからない場合には仕方がありません。
ぼくもあなたよりは彼女が大事ですから。

 ぼてくりこかすぞこのばばあ。
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-29 16:43 | 術後1~2年

病状

少しは良くなっているようで、表情も明るい妻。
はやく退院してオシャレができるようにとヘッドドレスをプレゼントした。

右耳はどうやら中耳炎らしく、糖尿でカゼが治りにくくなっているためではないかとのこと。
ステロイドは見送り、カゼを治して様子を見ることになりそうだ。

合併症ももちろん脅威だが、本当の糖尿病の怖さは、必要な治療が制限されたりすることにあるんじゃないだろうか。
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-28 23:44 | 術後1~2年

妻の留守中、やり放題

といっても掃除です。

ハウスダストは喘息の原因になるので徹底的に掃除をしたいところですが、夜間掃除機をかけることはできないし、今週は休日出勤。

ううむ。
できる範囲を丹念に拭き掃除するしかないか。
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-27 23:49 | 術後1~2年

妻、入院します

原因不明の難聴で入院が決定しました。
本来通院でもいける治療らしいのですが、ご存知の通り糖尿病が災いし、薬や血糖値の管理を行ううえで入院は必須とのことです。

さあ。今度はぼくががんばらないと。

【追記】
スタンプラリーに「耳鼻咽喉科」追加(;_;
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-26 12:33 | 術後1~2年

いいこと

某有名タレントの名言。

 「生きてるだけでもうけもの」

この言葉は比喩でもなんでもなく、文字通り「死んでしまうはずだった人間が生きていることはそれだけでもうけものである」という意味だ。

食欲はバリバリあって仕事も忙しいけどうまく回ってる。
ときおり鬱っぽくなるものの概ね明朗快活に過ごせている。
妻はちょっぴり太目でドジっ子属性だが美人で頭がいい。
お金はあり余ってはいないけれど日々の暮らしに事欠くこともない。

そしてなにより。
おれたちはいま生きている。
これ以上のいいことはほかにない。
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-25 12:20 | 術後1~2年

寝違え。。。かな?

昨夜見逃した「のだめカンタービレ」のVTRを見ていたらついウトウト。
目が覚めたら首が回らない。

寝違えならいいのだが多発性筋炎とかだとまた面倒だなあ。
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-24 23:01 | 関節リウマチ

結局駆け込み

紫色の斑点が出たら至急医師に連絡せよと注意書きに書いてあった「抗リウマチ薬」。
すでに深夜だったがT医大に電話すると運よくリウマチ科の医師がすぐに対応してくれた。
やはり電話だけではなんとも言いがたいので見せて欲しいとのこと。
終電間際の地下鉄でさっそく出向く。

篠沢教授の若い頃はこんな感じだったろうと思われる、おっとりした話し方の医師が小さな痣を丹念に観察し、綿密な問診を行った結果にっこり笑って

 篠沢医師(仮名)「うん。大丈夫だと思いますよ」

ふひゃ~。
せっかくこわばりも軽くなっていい結果が出ているのに、アレルギーとかで薬を止められたらかなわんなあと思っていたので一安心。

しかし夜中の駆け込みであるにもかかわらず丁寧に診察してくださり、しかも

 篠沢医師「わざわざきてもらってすみませんねえ。
   直接拝見しないと判断がつかない点もありますので」

などというお言葉までくださった篠沢教授、本当にありがとうございました。
あなたは内科医の鑑です。

病み上がりなのにまた病院往復させちゃってごめんね>妻
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-23 11:15 | 関節リウマチ

即効性アリ

関節の痛みが軽くてこわばりもこころなしか弱い。
ステロイド恐るべし。

マジメな話、肥満その他の副作用には細心の注意を払おう。
実際痛くなくなればバリバリ運動もできるし。

【追記】
でもちょっとリンパ浮腫が悪化してます。
皮膚の表面がかゆくてヘンなあざ(痛くない)ができました。
困ったなあ。

d0017204_22511081.jpg

[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-22 22:51 | 関節リウマチ

治療開始

ステロイドの投与が開始されました。
副作用としては体重増加などがあるようです。

そういえば夜、体重を計ったら77.4kgあった。
さっそく副作用か!?

 絶対違うぞ>ぢぶん
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-21 23:26 | 関節リウマチ

ちょっと楽しい話題

「DEATH NOTE」というマンガがある。
集英社久々のメガヒット作品で、映画化・アニメ化・作画者逮捕などの話題に事欠かない。
この原作は12巻で完結しているが、先日「公式解析マニュアル」と銘打った13巻が発売された。

妻はこういうのがとても好きなのでさっそく買い込み、なにやら細かい字の並んだページを無心に読んでいたが、突然

 「Jack(仮名)、ちょっとコレやってみて」

とあるページを開いたまま本をおれに手渡した。

見ると、「キャラタイプ診断」とある。
よくあるチャート占いのようなものだ。

まず第一問
「デスノートが落ちていたら使うか」

発病前なら使っていたかも。
しかし命の重さを知った今となっては使えるはずもない。
もちろん答えは「NO」。

こんなカンジで進んでいったら、おれは「ニア」だそうだ。

【ニア】自分の足で歩きましょう

 賢く敏感すぎる為、外界との接触を断つ、一時話題となった例のタイプ。
 そのうち足が床と同化しかねない……と心配されるほどの不動っぷりは危険。

どうやら引きこもりの気があるらしい。
うん、まあ食う心配と扶養家族がいなけりゃ間違いなく引きこもるし、基本的に出不精だからこれは当たってるな。

 おれ「おまえはどうなったんだよ」
 妻「にゅ。。。リューク。。。だって」

【リューク】あなたは人間じゃありません

 奇妙かつ愛らしい性格をした、人間以外の何か。
 ある意味このチャートの制作者と通じるものがあり、
 すなわちそれは「いい加減な奴」ってことだ。


<<爆>>

ちなみにこのチャートの制作者はリュークだという設定らしい。
妻はああいう種類の生き物らしいです。

↓「おにぎり」を「りんご」に置き換えたらそうかもねえ(笑)
d0017204_195340100.jpg


【追記】
なお、1問めで「YES」を選んでいたらぼくは「夜神月」だったようです。
そうか。発病前はあんないやなヤツだったのかw
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-20 19:39 | 術後1~2年

妻、さらに深く潜航中

そしておれの右手はメモも取れないほど張っている。
早く明日にならないかな。
明日になれば病院に行って治療してもらえるのにな。
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-20 16:25 | 関節リウマチ

早く薬もらえないかな

痛いいたいって言い続けるのも結構しんどい。
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-19 19:44 | 関節リウマチ

妻、休場

痛い。
マジでこの時期にリタイアは痛い。

しかし忙しい仕事はとても楽しいし好きなのだがw
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-18 14:19 | 術後1~2年

喘息科、受診

といっても妻のことです。
やはり喘息はビンゴで、ステロイドでない吸入のお薬などをもらって来週再検査となりました。

さてここではたと気づいたことが。

 呼吸器内科 おれの過呼吸
 糖尿病・代謝・内分泌内科 妻の糖尿
 リウマチ・膠原病内科 おれのリウマチ
 アレルギー(喘息)内科 妻の喘息
 皮膚科 おれの巻き爪
 放射線科 おれの放射線治療
 臨床検査医学科 おれの自己血輸血
 呼吸器外科・甲状腺外科 おれの胸腺肥大
 産科・婦人科 おれの癌
 泌尿器科 おれの膀胱炎
 麻酔科 おれの手術
 整形外科 おれのリウマチ
 消化器内科 おれの腸閉塞@救急

T医大スタンプラリーなんてものがあったら踏破しそうな勢いです。
なんかください>院長
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-17 19:15 | 術後1~2年

反省

妻の体調がよろしくありません。
先々週くらいにひいたカゼがなかなか治りきらず、セキが苦しそうです。
ただのカゼだとは思うのですが、もし悪い病気だったらと思うといてもたってもいられません。

去年、癌が確定してしまったぼくのとなりで、妻はどれほどつらかったことでしょう。
もっと大事にしてあげなければとつくづく思います。
[PR]
# by jack-dancer | 2006-10-16 23:28 | 術後1~2年