子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

自画像変えました。

もう「オリエンタルラジオの慎吾くんに似ている」といわれた過去の栄光は影もありません。
なにしろ83.4kgなもので。

これでも一時期86kgあったことに比べたらまだマシなんですよorz
[PR]
by jack-dancer | 2008-03-17 12:51 | 術後2~3年

本日の外来@皮膚科

去年判明した体内のカビ。
前・内科担当医がオロオロしながら正体がつかめなかったアレなんですが。

爪水虫の可能性が大

とのことです。

皮膚科、受診結果はこちら
[PR]
by jack-dancer | 2008-03-15 17:59 | 通院記録

ヘパリン、回収

抗がん剤治療のときも腸閉塞の安静時にもお世話になっていたヘパリン。
ぼくのはヘパフラッシュというテルモの製品でした。

これは「血液凝固阻止剤」というもので、点滴の管を留置していると、どうしても血液の凝固作用で管が詰まってしまうので、そいつを解消したり防止したりするための薬剤だ。

薬の名前を聞いただけで、あの独特の香りとともに思わず回想モードに入ってしまうほど慣れ親しんだ薬である。

 ヘパ経験者様>
 あれ、注入したとたん、なにかニオイません?
 アルコールっぽいの。

朝、看護師さんがヘパリンと生食を手してに現れる。
もちろんさわやかな笑顔とともに登場するのだがこっちはすでに戦々恐々。
生食をつないで、無事落ち始めればひと安心でヘパにはご退場願うのだが、落ちなかったら最後、顔面蒼白おれ涙目。

なぜなら「痛い」のである。

理屈はよくわからないけれど、凝固した血液の小さな塊が血管をすごい勢いで一瞬通過するような、そんな痛さ。

でもそのおかげで、毎日点滴の針を刺しなおすこともなく、輸液を行うことができた。
あれがないとたいへんなんだろうなあ。代替薬とかあるのかなあ。心配だなあ。

回収概要(販売名:ヘパフラッシュ)
http://www.info.pmda.go.jp/kaisyuu/kaisyuu2007-2-2935.html


********

あ。そういえばほわいとでーだ。
すっかりいそがしくてなにもよういしてないや~(棒読み)
[PR]
by jack-dancer | 2008-03-14 11:28 | 術後2~3年

フォローアップ検診

珍しく時間に余裕たっぷりで病院に到着した。

朝イチCTを済ませ山本医師の診察室の前で待っていると、看護師さんが早足で患者さんの間を回りながら何ごとかアタマを下げている。
そのうちおれ(と妻)がならんでかけているベンチにも寄ってきた。

 「Jackさ~ん」

初顔の看護師さんなので、当然のように妻のほうに話しかける。

 「すみません。山本先生(仮名)が遅れていて。すこしお待ちいただくことになります」

ぺこぺこ。

ついこのまえから「患者様の声」とかいう投書箱を設置したようで、きっとあの中はクレームでいっぱいなのだろう。ちょっといつもと対応が違う。
「サービスが良くなる」というのもヘンな言い方だが、まあ悪い方向にはなっていないようだ。
ただ、箱いっぱいのクレーム文面を読むひとのキモチを考えると軽く鬱が入った。

仕事とはいえ、大変なんだろうなあ。。。。

肝心の診察内容
[PR]
by jack-dancer | 2008-03-07 12:16 | 通院記録