子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

リンパ浮腫に朗報、か?

いつもお世話になっているひみ子さんのページ

 癌々行こうぜ
 http://www.geocities.jp/armisael95/


にリンパ浮腫に関する新しい治療法の記事が紹介されていた。

 リンパ浮腫の手術
 http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/20060721ik07.htm


リンパ浮腫はこれといった決め手の治療法がなく、多くの方々が手術後の後遺症としてつらい思いをされている。

 #いや、ひとごとじゃないし。

こういういろいろな治療法がもっともっと出てくるといいのだが。

 「リンパの流れが滞ってるんだったら外科的になんとかしちゃえばいいじゃん。
 血管のバイパス手術だってあるんだからさあ」

と考えるのはやっぱり素人なんだろうか。
[PR]
by jack-dancer | 2006-07-31 13:57 | 術後1~2年
最近妻につきあってよく歩いたり運動したりするようになった。
今日はおれの大好きな「ホームセンター」が近所にあるという妻情報をもとに、さっそく歩いて3000歩ほどの町に行ってみる。

そこにはうちの狭いベランダでもできそうなガーデニングを紹介してくれるパンフなどもおいてあり、大変親切だ。

給料日前だから、クランベリーをはじめとするハーブの苗をちょっと買い、室外機のカバー(木製のトレリスっぽいやつ)とかプランターとか土とか。

レモンの苗を買おうかどうしようか悩んでいたら、隣で妻がちらちらとおれの様子をうかがっていた。

バカだなあ。大丈夫だよ。
今日は小遣いないから買わないけどさ。

結実まで3年はかかるその苗を、来週はまたふたりで買いに行こう。
[PR]
by jack-dancer | 2006-07-30 23:49 | 術後1~2年

過形成と温泉

呼吸器外科・ミキティの外来。
2005/11と2006/05のCTを見てもらう。
デカイということには変わりないが、特に半年で大きくなっているようにも見えず、ということで異常なしとなった。
関節痛については山本耕史医師に相談の上内科を受診するという結論。

しかしこうしてる間にも昨日とは違う関節が痛いのだが。
どうせ更年期の不定愁訴なんでほうっておけばいいとも思うが「不定愁訴じつはガン」という恐ろしいオチがあったので、妻がおびえて困る。

まあ考えてても仕方ないので、なんの脈絡もなく近所の温泉に行ってきました。
水着OKのジャグジーやサウナがあって、夫婦やカップルにはうってつけの施設です。

効能は「放射線治療後の皮膚がぴかぴかに」w

ちょっと長めにつかって尻の皮をこすったら面白いように皮がむけた。
地下鉄で2駅。しかも居酒屋内蔵の温泉はありがたい。

また近々いってみよう。
[PR]
by jack-dancer | 2006-07-29 21:56 | 術後1~2年

2006/07/28

診察&血液検査 5090円。
薬代 3840円。

大建中湯&ビオフェルミン60日分でこの値段。
保険というのは本当にありがたいものである。
[PR]
by jack-dancer | 2006-07-28 11:48 | 金勘定

いきなりカウンター

今日は2ヶ月に1度の検査日。
かなりイレギュラーな患者さんがいたらしく、T医大にしては異例の待ち時間(45分)だった。
とりあえずイメージトレーニングどおり、胸部外科の話と関節痛の話を振る。

 山本耕史医師(仮名)「お変わりありませんか」
 おれ「明日ミキティの予約入れました」
 山本医師「まだ行ってなかったんですかあ?

ふっ。やるなにいちゃん。
なかなかいいパンチだぜ。

 おれ「で、関節が痛いんで、胸腺なんともなかったら内科にいこうかと」
 山本医師「ふ~ん。膠原病ちっくなんだあ」

この声色を文字で表現するのはたいへんむずかしいのだが、もし「西洋骨董洋菓子店(アンティーク)」を読んだ(観た)方がいらっしゃいましたらこうお考えいただきたい。

 魔性のゲイと呼ばれた天才パティシエ・小野の
 ハント系スイッチが入っちゃったときの声音

ほんとうにこの先生と話すのは面白いなあ。

【検査内容】
細胞診・血液検査(マーカー+輸血後経過観察のための検査)
結果は2006/08/11。
[PR]
by jack-dancer | 2006-07-28 11:11 | 通院記録

とりあえず

明日は定期検診。
前回胸部外科に行ってないことがバレたので、今回はすでに予約しておいた。
予定では山本耕史医師(仮名)に胸部外科の予約をとったことを伝え、関節リウマチっぽい症状があることを話し、明後日ミキティ医師(仮名。ただし男性)にCT見てもらって胸腺が目に見えてデカくなってないことを確認したら内科に紹介状書いてもらうといったところか。

やること多いな~。メモとるの面倒だな~。
そうだ。これ印刷してもっていけばいいやw

 #胸腺が育っちゃってた時のことは考えてないな>ぢぶん(爆)
[PR]
by jack-dancer | 2006-07-27 16:48 | 術後1~2年
数ヶ月前から胸腺肥大の傾向があるという指摘を受けていたのですが、ちょっと最近関節が痛み出したのでいろいろ調べたところ、ちょっとヤな病気の可能性が出てきました。

おもな症状としては

 ・漠然とあちこちの小さな関節が痛い
 ・朝起きたときが一番痛い

などで、前回50肩騒ぎのときにレントゲンを撮影しており、関節になにかよけいなものが附着しているといったことがないと確認してあるので痛風ではないらしいが、エリテマトーデスの可能性は排除できない。

しかしまあ関節リウマチにしろエリテマトーデスにしろ、どれをとっても「免疫系」の病気であることには変わりなく、昨年癌の手術をして以降発覚したものばかりである。

閑話休題。
おれは「殲滅」の好きなタチだ。
良く言えば完全主義、悪く言うと執念深い。

*****************
したがいまして今回の件につきましては「癌を撲滅しようと気合が入りまくり自己免疫システムがおかしなふうに発動している」というような状態であると見受けられます。
まことに恐れ入りますが「中庸」を心がけ、白黒はっきりつけたがるという過激な性格を修正されますとともに、呼吸器外科だけでなく、リウマチ・膠原病内科を併せて受診されますようおすすめいたします。

。。。仕事中(カスタマーサポート)なので文章ちょっとヘンです(爆)
[PR]
by jack-dancer | 2006-07-26 12:55 | 関節リウマチ

ぼくらのなつやすみ

妻が滝が好きだというので、滝のあるプールを探していってきました。
そこはねずみ電車に乗っていくところでした。

車窓もねずみ型。
d0017204_2335082.jpg


つり革もねずみ風。
d0017204_2333810.jpg


ねずみ型の車窓からねずみ城が見えますが、今日の目的はネズミーランドではありません。
あくまでもプールです。
d0017204_2362279.jpg


妻よ、あれが滝です。
d0017204_237922.jpg


お昼はリッチにホテルのバイキングwithローストビーフです。
d0017204_2374638.jpg


もちろんたくさん運動したのでデザートもがっつりいきます。
d0017204_2381661.jpg


副産物として快方に向かったリンパ浮腫withきたないスネ毛です。
d0017204_23135634.jpg


夕方までしっかりと水につかりまくり、帰りは駅までねずみバスで送ってもらいました。
d0017204_2315415.jpg


ちなみにバスの後部窓もウィンカーもねずみ型。
d0017204_23154463.jpg


ねずみ電車からなんだか南欧風の建物が見えます。
まだ日没前なので、われわれはその建物の正体を確認するべく、ねずみ海駅で下車。
d0017204_23174633.jpg


おお?
d0017204_2318571.jpg


おおっ!?
d0017204_2319883.jpg


おおおおっ!?
なんだこのステキ街はっ!?
d0017204_23191943.jpg


ほどなく怪しい活火山、発見。
d0017204_23212074.jpg


さらにその先には見たことのある遺跡が。
d0017204_23214445.jpg


あっ!この飛行機は!
d0017204_23224055.jpg


さらにこのつり橋! これはまさしく。。。
d0017204_2323358.jpg


やっぱりジョーンズ教授でしたか!
d0017204_23234148.jpg


気づけばすっかりド深夜。

ねずみ女王「ほほほ。わたしの足元にひれ伏しなさい」
おれ&妻「はは~っ」
d0017204_23244334.jpg


こうしておれたちはねずみ教信者となり、布教活動にいそしむこととなったのである。

【私信】
Y田さん、ディズニーシーは最高ッス!
[PR]
by jack-dancer | 2006-07-17 23:29 | 術後1~2年

夏だね!

今年は温泉にいこうかな。
Tシャツに海パンで海も捨てがたいな。

。。。それもこれも50肩がよくなったらだけどね。

ということでまた先日、肩が痛み出しました。
日曜大工やら裁縫やら、ハンドメイド系が好きなものでそれが原因だとはわかっているのですが(苦笑)。

深夜に眠れぬ激痛で、かかりつけのT医大に電話しましたが、あからさまに寝起きの整形外科当直医が
「ビミョ~だな~。いま着てもらっても痛み止めくらいしかできないし、いろいろ検査したいから8時半過ぎに来てくださ~い」

。。。その「痛み止め」が欲しかったんですがね(怒)

しかたなくロキソニンと市販の痛み止めを併用し(おいおい)、夜が空けてから別の病院へ行きました。

レントゲン等を撮影され、結論

「骨に異常はありません。いわゆる50肩ですね」

70は軽く超えていると思われるじいさまにこう断言されるのも複雑なものですが。

ともあれ痛み止めを無事ゲットできたので、ますます安心してハンドメイドに(ry

【本日の医者漫才】

おれ「痛くて夜眠れないんです」
じいさま「身体を起こすとラクになりますか」
おれ「はい」
じいさま「やっぱりね。人間はね、よつんばいになってるのが正しいんです」
おれ「ほうほう」
じいさま「だから仰向けに寝ると不自然に肩が後ろに引かれて痛いわけだ」
おれ「お~」
じいさま「だから軽くおでこに乗せるとかして、やや前の上のほうにおくといい」
おれ「腕はいま上がらないのですが」
じいさま「では横向きで寝るとよろしい」
おれ「横向きに寝ても痛みます」
じいさま「では起きなさい」

 。。。いや、眠れなくて困ってるんだってば(笑)
[PR]
by jack-dancer | 2006-07-12 14:32 | 関節リウマチ

んあ?

なんだか喉が痛いのでカゼでもひいたかと、鏡で点検してみた。
じつはおれは小さい頃から「扁桃腺肥大」という状態で、平常時でも相当に喉が腫れているように見える。
だからあまりなじみのない医者が喉をのぞくと「わ。カゼですね」と安易に診断されてしまうほどなのだが、今回ちょっとびっくりしたのは。

 扁桃腺、全然ないよ。

そういえば術後、声が少し高くなったなあとは思っていて、それは体重が減ったせいだと思っていたのだが。


「あるべきものがない」という状態にはわりと慣れていると思ってたんだけどなw
[PR]
by jack-dancer | 2006-07-07 19:20 | 術後1~2年