子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー

<   2005年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

直近の悩みは以下の通りである。

1.体重が増え始めた。
2.リンパ浮腫が判明した。
3.妻が糖尿病だ。
4.とても腹が減る。
5.ガンの再発が怖い。
6.腸閉塞の発症はもうイヤだ。

どれも切実な状態で、どれを切り捨てていいというものではなく、それぞれアンビバレントな問題を含んでいる関係上一度に解決ができないので困る。

1と4を同時解決するために運動をしようとすれば2のリンパ浮腫が悪化する。

 ※今年いっぱいはプールや温泉はドクターストップなので
 リンパ浮腫に影響のない運動はできない。

1に目をつぶって4の欲求を解消しようとすれば2が悪化するし、糖尿病になってしまった妻がかわいそうだ。

1・2・3をすべて解決するべく4を押えると、信じられないほどのストレスがたまり、4のガン再発におびえなければならない。

そして1~5のすべてを解決できる方法として「ハラにたまるがノンカロリーのもの」を食うことにすると、5の「恐怖の腸閉塞」が待っている。

そこで優先順位をつけることにしました。

3=5 → 6 → 1 → 4 → 2

結論。
バカ食いは極力避けますが、食べたいときには食べ、多少のリンパ浮腫はガマンして運動をします。
[PR]
by jack-dancer | 2005-08-31 22:33 | 術後0~1年
リンパ浮腫が痛むようになってきたので、手術の時に履かされたストッキングを引っ張り出してみた。
上戸彩看護師(仮名)から、軽い状態であればこれでなんとか症状は治まるはずだと聞いたからである。

軽い症状でなければ、もっと締め付けの強い、高価なくつ下を買わなければならないらしいが、症状が軽いのかどうかは自分でも判断がつかない。
これで効果がなければ軽くないんだろうと考えることにして、一日試しに履いてみた。

結果、絶好調。

30分くらい歩いただけで足が張って痛くなっていたのだが、このストッキングを履いたら「ん? ちょっとだけ張ってる。。。かな?」という程度の自覚症状で済む。

しかしまだ革靴は履けないので、スニーカーで通勤している。
[PR]
by jack-dancer | 2005-08-30 22:22 | 術後0~1年
学生さんたちの夏休みも終わりが近づいているらしく、仕事が忙しくなってきた。
いろいろなものに追われているということは、余計な事を考える時間がなくなるという意味でとてもいい。
[PR]
by jack-dancer | 2005-08-29 23:20 | 術後0~1年
ひとりでいるととても不安になる。
昔、わけもなく不安になっていたころは「原因がわかれば軽減される」のだろうと考えていた。
しかし、いま不安の原因ははっきりわかっているにもかかわらず、いっこうに軽くならない。

かくして本日も妻のいる会社に向かったりする自分がいる。
情けない。
[PR]
by jack-dancer | 2005-08-28 22:32 | 術後0~1年

2005/08/27 ▲休日出勤

で、気づいたのだがこれでなんと7日連続出勤している。
とはいっても術前のワーカホリック状態が復活したわけではなく、家にいても寂しいし、やることもないから会社にいくというだけのことなのですが(笑)。
[PR]
by jack-dancer | 2005-08-27 22:51 | 術後0~1年
便秘がひどくなっているようです。
しかし納得がいかないのは、食っていないのに体重が減らないということです。

72kgより1gも落ちやしねえ(--#
[PR]
by jack-dancer | 2005-08-26 22:48 | 術後0~1年
台風がきそうだというのに、がっつり残業。
もう家へ帰って食事の準備をすることが不可能な時間になってしまったため、軽く食って帰ることにした。

入院・手術までのおれは「外食=酒(最低でも日本酒3合)」が当然の感覚だったが、術後、あまりにも調子が悪かったのでおっかなびっくりなめるように呑んでいた。
しかしもう喉元はすっかり過ぎてしまったらしい。

 妻「もうこれくらい(1.5合)にしておこうね(やんわりと)」
 おれ「え~っ。もうちょっと呑みたいよ」
 妻「もうこれくらいにしておこうね(淡々と)」
 おれ「お願いだからもうちょっと」
 妻「もうこれくらいにしておこうね(平然と)」
 おれ「いやあと1口だけ。。。」
 妻「もうこれくらいにしておこうね(かぶせるように)」

はい。ごめんなさい(;_;
[PR]
by jack-dancer | 2005-08-25 23:35 | 術後0~1年
会社で調べ物をしていたら「クリティカルパス」という単語が目に入った。
普段ならググるところだが、職場のマシンはパワー不足で、業務上必要なソフト以外に複数のブラウザを立ち上げるといきなりハングしたりする恐ろしいシロモノなので、英単語に強い妻に恥を忍んで尋ねることにした。

 おれ「おい。クリティカルパスってなんのことだ」

その問いかけに答えていわく

 妻「あの。。。サッカーとかのときにすごくいいボールがいくこと。。。じゃないの?」

スポーツに疎い妻をからかうことを日常の楽しみとしていたために、妻はまず「不得意な分野でからかわれないように慎重に答える」と構えるようになってしまったらしい。

妻よ。そりゃ「キラーパス」だろ(爆)

 クリティカルパスとは
 http://www.tsukuba-kinen.or.jp/column/timely/030501.html


だそうです(^^
[PR]
by jack-dancer | 2005-08-24 16:55 | 術後0~1年
昼はほとんどなんともないのに、退社時の通勤電車でいきなり悪化するリンパ浮腫。
すでにステッキチェアはお蔵入りしていたのだが、また持って歩くことも検討しているほど急激に痛み出す。

入院中の妻が「病院の売店で弾性ストッキングを扱っている」という情報を教えてくれたので、次の外来の時に購入しようかと思っている。
しかもこの売店、その場でサイズを測って売ってくれるらしい。

少しでも快適に歩けるようになるといいなあ。
[PR]
by jack-dancer | 2005-08-23 23:10 | 術後0~1年
お食事時の方には申し訳ありませんが、ちょっとお見苦しい脛毛をお見せいたします。

市販の足枕は高いのでこんなもの買ってみました。

d0017204_22481643.jpg


欧米で流行しているらしい、子供の腕用浮き輪です。
値段は東急ハンズで700円くらい。
ビニール製なのでちょっと汗っぽくなりますが、靴下を履けば無問題かと。
[PR]
by jack-dancer | 2005-08-22 22:47 | 術後0~1年