子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー

<   2005年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

とはいっても寝ぼけただけで、おれがいきなりDV亭主に豹変したわけではない。
夢見が悪く、寝覚めも悪く、うっかり振り回した手がたまたま隣で寝ていた妻の脳天を直撃したという不幸な事故である。

昼間はそれでも少しは家の用事を片付けたりしていたが、夕方になると疲れが出て、だらだらうとうとと眠ってしまった。

それでも疲れは取れていて、また元気な一週間を過ごせそうです^^
[PR]
by jack-dancer | 2005-07-31 22:31 | 術後0~1年

2005/07/30 半身浴再開

少々風邪ぎみであるとか、足の巻き爪部分が指に食い込んで軽く「ひょう疽」状態になっているとか、体調的におかしなことはいくらでもあるのだが(おいおい)、実は数日前から便が出ない。

大建中湯(便通をよくする漢方薬)を飲んだりヨーグルトを摂ったりしていたが効き目がないので「ラキソベロン(液体下剤)」を飲んでみる。
これでダメなら浣腸という最終手段に訴えなければならないとあって、かなり必死だ。

ところが便はその下剤によりラクラク出てしまった。
昨夜まではどうふんばろうと出なかった。というより便意が希薄で、出さなければいけないという気持ちばかりが先行し、出たくもないのにトイレに通うという状態だったのだ。

直腸側をより大きく切り取った手術の影響はこんなところで残るのだろうか。
尾てい骨の周囲にはまだ痺れがあり、尻のポケットに入れた財布を掏られてもたぶんわからないというようなザマである。

そこで血行が良くなればいろいろな不具合も軽くなるはずだと、アロマ半身浴を再開した。
ややリンパ浮腫の兆候が見えてきた右足にも効くといいのだが。

【レシピ】
ラベンダー 痛みの緩和・沈静。
ティトリー 膀胱炎症状の改善・緩和。
ジュニパー 体液の流れを促し、排出を助ける。
ローマンカモミール 利尿作用。
ネロリ 傷跡の改善。
[PR]
by jack-dancer | 2005-07-30 22:57 | 術後0~1年
本当の意味での通常生活に戻って一週間が経った。
今まではタクシーを使っていた通勤も電車&徒歩、仕事内容も入院前のとおり、日常生活をできるだけ以前のまま再現しての5日間は意外なほどすんなり過ぎていった。

入院中は病気のことばかり考えているが、日常生活に戻ればそんなヒマはなくなる。
仕事のこと生活のこと料理のこと。。。

そんな中で、ほんの少しだけ前よりも健康に気を使った生活をする。
それがこれからのライフスタイルになっていくのだろう。
[PR]
by jack-dancer | 2005-07-29 22:18 | 術後0~1年

2005/07/28 新しい相方

ということで新しい相方君を紹介します。

杖として便利。
d0017204_21333946.jpg


使用中。意外と場所を取らない。
d0017204_21344692.jpg


ああ。誘惑には勝てませんでした(笑)。
[PR]
by jack-dancer | 2005-07-28 21:35 | 術後0~1年

2005/07/28 外来受診

担当・山本耕史医師(仮名)およびベン・ケーシー医師(仮名)。

貧血および白血球数はほぼ正常値に戻りつつあるので日常生活には差し支えないとのこと。
次回は再度マーカーの測定を行う予定。
その後、内科(妻の糖尿)の話になってしまい、世間話モードにケーシー医師は取り残され呆然。

しかし日曜日の嘔吐騒ぎはしっかりバレており、遠慮せずに病院に来いといわれた。
いや、あんたが当直だったら迷わず来たけどさあ(苦笑)。
[PR]
by jack-dancer | 2005-07-28 21:31 | 通院記録

2005/07/28

入院中に行った検査の結果通知 460円。
[PR]
by jack-dancer | 2005-07-28 11:38 | 金勘定
退院の際に「更年期障害の症状はないか」と聞かれた。
卵巣を両方とってしまったので、ホットフラッシュやめまいがくるひとも多いのだという。
幸運なことに、おれはまったくそういった症状はなかった。

しかし2点ほど身体の衰えを痛感していることがある。

1つは老眼。
手術後、急速に進んでいることがわかり、+0.5くらいから+1.0まであっというまに度が上がっていた。
これまでは特注で、デザインも凝っているツーポイントのオサレなものを使用していたが、それではもう読書に支障をきたすようになってしまった。
今では市販の老眼鏡(大橋巨泉みたいなの)でないと文庫本が読めない(;_;

2つめは足腰の衰え。
3ヶ月も入院していてしかも10kgも痩せたら、当然筋力もなくなるし、これはこれからのリハビリ如何だとは思うのだが、通勤電車の片道15分がしんどい。バリアフリーとは程遠い、我が家の階段を3階まで上がるのがつらい。たかが30分スーパーやデパートをうろつくだけで疲れ果ててしまう。

ほんの少しでも座ることができれば足を休めてまた動くこともできるのに。
傘でも持っていれば杖代わりにして歩くことができるのに。

というおれのためにピッタリな商品を見つけてしまいました。

その名も「ステッキ&チェア

東急ハンズにおいてあったやつはもっと華奢で値段も安かったのだが、見つけた当日はあえて買わずに帰った。
給料日前だということが原因ではない(笑)。
これを買ったが最後、おれは本当のトシヨリになってしまうような気がしたからだ。

購入を見送って30分後。電車の中ですでに後悔している自分がいた。

ということでたぶんすぐ買っちゃうなあ、あれ。
[PR]
by jack-dancer | 2005-07-27 22:02 | 術後0~1年

2005/07/26 鼻歌で行こう

今日は体調がたいへんよかった。
午後になってもいつもの吐き気は出ず、終業時まで機嫌よく仕事ができた。
おれが鼻歌を歌いながら仕事をしていたら、妻はしみじみと「今日は調子がいいんだね」と何度も繰り返した。

日々少しずつ好調になっているにもかかわらず、ささいなことで一喜一憂してしまうのはやはり不安からだとは思う。
不発弾かもしれない時限爆弾を抱えた生活は、これからもおれの精神に遠慮なくプレッシャーをかけてくるだろう。

しかしおれはひとりではないのだ。

妻や家族のためにも、毎日を鼻歌で行こう。
[PR]
by jack-dancer | 2005-07-26 22:00 | 術後0~1年
おれは病後で体力がガタ落ちしており、せっかく食ったものを吐いたりもしているため、ある程度のカロリーを摂取しないと貧血や立ちくらみが起こるが、一方妻は血糖値をコントロールする必要があるため1日1600Kcal以下を死守せねばならない。

しかし共稼ぎであり、調理担当であるおれが本調子とはほど遠いせいで、3食自炊できちんと食うことは難しい。

そこでカロリーを表示している店を選んで、外食を適宜織り交ぜながら、食生活を改善することにした。

カロリー表示のあるチェーンでおすすめなのはSUBWAY(サンドイッチ)・モスバーガー(ハンバーガー)・ロイヤルホスト(ファミレス)の3つだ。

SUBWAYは生野菜を大量に摂ることができ、塩分表示もある。
サンドイッチをある程度カスタマイズできるので、微妙なカロリー調整が可能だ。

モスバーガーはカロリーや塩分だけではなく主な栄養素をすべて表示。
「緑モス」と呼ばれる店舗では禁煙または完全な分煙が実施されている。
禁煙した身にはありがたい店だ。

ロイヤルホストには最近「ミニサイズ」のメニューが一部用意されている。
スパゲティが食べたいが700Kcalオーバーは凶悪だなあなどと悩んでいると7分盛りくらいのミニサイズがあるという嬉しさ。

人生何度目かの栄養管理だが、今度ばかりは命がかかっているのでカンタンに挫折するわけにはいかない。
「無理をせず、自分のペースで」と繰り返しながら。
[PR]
by jack-dancer | 2005-07-25 22:00 | 術後0~1年

2005/07/24 嘔吐再来

習慣というのは恐ろしいもので、6時過ぎに目が覚める。
ちまちまとした用事を片付けたりしているうちに妻が起きてきたので、電車で数分の光が丘へ買い物に出かけがてら、朝食。
昼過ぎくらいまでは体調はいいので、久々に寿司を食う(ただし回ってるやつ)。
かつては10数皿重ねても後ろ髪を引かれまくりだったのに、今は4皿がせいぜい。

その後快調に買い物を済ませ、帰宅。
昼食は久々に自宅で料理したりと、本当に好調だったのだがいきなりの陥穽。

夜、8時。そろそろ夕食を食おうとしたらものすごい吐き気に襲われる。
便所で数度吐き、そのままぐったり。
病院へ電話したら例の「放射線性膀胱炎非菌説」という珍説をブチあげた研修医が当直だったため、絶望してそのまま横になった。
今、救急外来に行くのはタクシー代をドブに捨てるようなものだからだ。

しばらく胃を冷やして吐き気止めのナウゼリンを飲み、どうにか落ち着いたが、よく考えてみれば昨夜は3~4時間しか寝てない。
眠れなかったのではなく、妻と話し込んでしまい寝そびれたのだ。

放射線治療後は身体がとても疲れているので、眠ることが最良の薬だと言われていたのに。

こんなところまで気を配らなければ通常の生活ができないことにイラつきをおぼえるが、治そうと焦るあまりストレスを抱えるのは本末転倒だ。

あわてない、あわてない。ひとやすみひとやすみ(^^
[PR]
by jack-dancer | 2005-07-24 22:53 | 術後0~1年