子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:入院~手術まで( 14 )

すべての術前検査、無事終了。

採血後の点滴が漏れ、400ccとられたのに100ccしか戻ってないとか、少しあたまがぼんやりするとか、16:00に射つ予定の造血剤注射がコワイとか、それよりなにより昼飯抜きなので腹が減ったとか、言いたいことはいろいろあるのですが、これから5/1までは自由です。

座薬もバカバカ出してもらったので、GWの外泊を心行くまで堪能して手術への元気にしよう。

【追記】
造血剤注射をしてくれたM看護師も本日の採尿担当のT看護師も、とても上手で、痛みはまったくなかった。
検査にストレスがなかったせいか腰痛もたいへん軽く、ここ2日ばかり1日3錠ペースだった座薬が、今日は1日2錠で済みそうだ。
入院以来激しく下していた腹も、やや落ち着きを見せはじめた。
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-28 22:38 | 入院~手術まで
今日は検査がてんこもりだそうである。
連休前に検査を済ませGWど真ん中に手術という、落ち着いて考えたらかなり怖めのスケジュールだ。
まあでも今身体の中に抱えているもののほうがよっぽど怖いので、取りあえずちゃっちゃと切ってもらいたい。

そういえば入院してからあまり手術が怖くなくなったのは、きっと周囲の患者さんたちがとても元気だからだろう。
おれの部屋はすべて同系の病(つまりは婦人科系ガン)であるが、開腹手術後10日で病棟内をひょいひょい歩き回っている方もいれば、「放射線あててるんだからこれくらいの熱は当然なのよ」などと言いながら38度を越す熱にもかかわらずみんなと元気におしゃべりしている方もいるし、「抗ガン剤も副作用がないと本当に効果があったかどうか心配よねえ」などと豪語するつわものまでいる。

しかし一方部屋の隅には、今日の採尿がK看護師でないことにビビって検査をだらだらと引き延ばしている小心者もいるのですが(笑)。

【追記】
ぼくの執刀医であるN医師がさっき静脈性腎盂造影の同意サインとりにきたんですが、マスクしてめちゃめちゃクシャミしてたんですけど。
大丈夫なんでしょうか(泣)。
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-28 22:29 | 入院~手術まで
1.
T医大病院の飯は美味い。
それは座薬によって痛みが軽減され、快適に過ごせるようになったという点も考慮しなければならないだろうが、それにしても美味い。
しかも総計1800kcalに押さえられているのだから、一生この飯を食ってもいいとさえ思った。

2.
T医大病院のK看護師(上戸彩風)はカテーテルを入れるのがうまい。
以前腎盂腎炎での入院時に入れられたときは七転八倒の苦しみだったが、今回はちくちくっと1,2度痛かっただけだ。

3.
不思議なうわさが病棟内に流布しているらしい。

 曰く「男性が病棟の女性用トイレから出てきたのを見たひとがいるらしい」
 曰く「若い男性がトイレに入っていったという話を聞いた」
 曰く「パジャマを着ていたので患者であることは間違いないようだ」
 曰く「ついさっき洗面所で顔を洗っているところを目撃したひとがいる」
 曰く「男性でも乳がんになるらしいからその治療患者なのではないか」

上記、すべておれとは別病室の患者が、おれと同室の患者に伝えた情報である。
そしておれの担当医曰く。

 「すみませんねえ、ここ婦人科病棟なものでいろいろあるかもしれませんが。。。」

病院伝説の主はおれかい(爆)。
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-27 13:59 | 入院~手術まで

2005/04/26 入院当日

当日はかなりのドタバタを予想していたが、なんのことはない比較的すんなり入院できた。
しかし入院後病棟に現れたN医師に「昨日救急外来にきましたね」とさっそく昨夜の騒ぎはバレており、いきなり内診。

しかし痛みの原因を聞いてびっくりした。

N医師「こっちが痛いんだよね~」
おれ「ああ。はい」
N医師「こっちは大丈夫だよね~」
おれ「ええ」

N医師の結論
「腫瘍がこっちのほう(直腸のやや右側)を押してますね~。
いきなり大きくなったってことじゃないですよ。
便の出が悪くなれば便秘も起こりますからおなかも痛くなります。
見たところは前回とまったく変わらず大きさは3~4cmってところですから」

あれっ。
このステージのガンって痛くないって話じゃなかったっけ?
転移とか浸潤がなくても痛いの? 痛いのが普通なの?

N医師「(きっぱりと)はい。よくありますよ。
腫瘍が前に出れば膀胱を圧迫してトイレが近くなったりしますしね」

そですか。
ということで痛いのは気のせいじゃなかったそうなので座薬入れてもらいました。
現在はマラソンができそうなほど快適です。
ぼくが本当にステージ1b2で直腸転移等もなく、無事手術後の病理検査もクリアできたら声を大にして「転移じゃなくても痛いことありますよ~」とお伝えしたいと思います。
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-26 22:37 | 入院~手術まで