子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:術後1~2年( 80 )

新鮮

ンコの調子が悪いので久々にカマ(酸化マグネシウム)をキメることにした。

 おれ「カマ1gの出して」
 妻「にゅ。お水いっぱい飲みなさいってロクちゃん(妻の主治医)がゆってた」

そう。妻も食事の量を減らしたら便秘ぎみになり、体重の落ちが悪くなるというちょっとした悪循環に陥ったため、主治医にカマ服用を相談したのである。

いままで下剤といえばおれの専売特許だったのになあw
[PR]
by jack-dancer | 2006-08-23 12:10 | 術後1~2年

ぎゃ

深夜、トイレにたったらペーパーに血が。
眠気が一気に飛んでしまったのだが、なんのことはない、いわゆる「オムツかぶれ」が悪化していただけだった。

最近尿漏れが面倒なのでオムツが標準装備になっているからある程度は仕方ないんだが。

気絶するかと思ったよ、もう。
[PR]
by jack-dancer | 2006-08-22 18:19 | 術後1~2年

一日一笑

舌が短いのかなんなのかよくわからないが、妻は滑舌が悪い。

 例)
 和くん → かじゅくん
 ●●する → ●●すりゅ
 悪い → わうい

そして今日、またとんでもない聞き違いが発生した。

 おれ「モー娘。の初期メンバーって何人だったか覚えてるか?」
 妻「ううみゅ。。。ごおくにん」

一瞬、インド亜大陸にぎっしりのモー娘。(ラブマシーン服仕様)を想像してしまった。

 #「5~6人」と答えたつもりだったんだろうなあ(爆)
[PR]
by jack-dancer | 2006-08-21 13:08 | 術後1~2年

実質上、食べ放題

TVで見た居酒屋に行ってみた。
レトロ@昭和20~30年代が売りのチェーン居酒屋で、実は家の近所にも似たようなコンセプトの店はあるのだが、今日行ったところは

 「目の前のナベから勝手に好きなオデンを取って食うことが可能」

というステキさだ。
開店前から行列状態だったが、早めの出撃が効を奏し、かなりの好位置をゲット。
眼前の鍋はこんな具合。

d0017204_11174325.jpg


しかも1本35円(税別)。100本食っても3500円。実質上食べ放題みたいなもんだ。
これを見た妻におとなしくしていろというのが所詮ムリな話で、この鍋を挟んで対面に座った家族連れのコドモ(推定7歳♂と4歳♀)と、壮絶なウィンナー串をめぐる死闘を繰り広げるという恥ずかしさだった。

 #しかしなんでウチのはこんなにコドモなのだ。。。
[PR]
by jack-dancer | 2006-08-20 23:17 | 術後1~2年
あまりここでそういうことを書かないことにしていたのだが、やっぱり書く。

おれははじめからハッキリ申し上げていたとおり、「子宮」「卵巣」などというものにはぜんぜん興味がない人間で、だからこそ全摘出と決定したときもまったくどうでもいいと思っていた。
命さえあればそんなものはなくてもいい(というよりないほうがありがたい)というスタンスである。

だから、おれの選んだ病院の環境は、特におれにとっては不満のあるものではなかった。
同一フロアをまっ2つに区切り、半分が婦人科、半分が産科。
共有部分はエレベーターホールとホール前の談話室および食堂のみ。

もちろんこの状態でも時折イラッとすることはあって、談話室で騒ぐ出産待ちの見舞い客などはそのうちでも最大の問題だったが。
そのむこうにはニットキャップのご婦人がひとりで点滴スタンド下げて景色を眺めているというのに。

遠慮しろとはいわないがせめて産科側の病室でやってくれねえかなあと、おれですら考えたことがあるほどだ。

しかし、今日読んだ話はそういう「空気の読めないシロウトさん」の話ではない。
れっきとしたプロがなんてことやってくれちゃってんだよという話だった。

抗がん剤治療のために入院されるご婦人と妊婦さんが同室ってどういうことだ?
デリカシーとか言う高度な感情を通り過ぎて、こいつらおかしいんじゃないかと思ってしまうのはおれだけか?

どんな仕事も「仕事」になってしまうと「慣れ」が生まれ「鈍化」が始まる。
医療関係者だけにそれを求めるのは間違っているのかもしれない。
しかし人間の命を扱う職業はそうはないはずだ。

どうか「聖職」としての自覚を持ってください。お願いです。
[PR]
by jack-dancer | 2006-08-19 12:32 | 術後1~2年

禁酒する方法

ブログで

 禁酒するにはラーメンを食べる

というふうに書いている人がいた。

なかなかこの方法はいいかもしれない。
おれは「米の飯を食うと酒量が減る」という傾向があることを以前から知ってはいたのだが、「やっぱ酒っしょ♪」という短絡さで実行に移さなかった。

妻は減量の関係で夜、炭水化物を控えているから、夕方になったら先回りしておにぎりを食ってしまおう。

妻よ、これはイヤガラセではない。
おれだってひとりでおにぎり食っても美味しくないよ。
だけどね。これは禁酒のためなのだよ。しぶしぶ(爆)
[PR]
by jack-dancer | 2006-08-15 15:57 | 術後1~2年

忙しい休日

園芸用品やら収納用品やらを買いに光が丘へ。
朝から寿司食ってツタ買って帰宅。
買ってきたツタを移殖してラティス組み立てて鉢植えに水やってアタック25を見て。

ベランダに敷くスノコに色塗ってCSのお笑い番組見てから中野へ。
髪染めの道具買ってギョーザ食って酒呑んでオペラ座の怪人歌ってからスーパー寄って。
バスに乗って帰宅してフロ入って髪染めてブログ書いて。

妻いわく「休日が忙しいっていいよね」。

本当にそうだねえ。
[PR]
by jack-dancer | 2006-08-13 23:10 | 術後1~2年

散髪

4ヶ月ぶりの美容室。
近所にいいのができたので行ってきました。
たいへん腕のいい美容師で、クセの強いおれの髪をすっきりまとめてくれました。

 #おれとしては平井堅を夢見ていたが
 #仕上がりが「はなわ」になっちゃったのは
 #彼のせいではないしなw

d0017204_21125474.jpg

[PR]
by jack-dancer | 2006-08-12 21:13 | 術後1~2年

ちょっといい話+α

カスタマーサービスなんていう心がささくれ立ちやすい職場にいると、「笑える話」「明るい話」「微笑ましい話」で癒されたいなあなんて思う。

で、昼休み、妻が目撃したちょっといい話。

おれの職場が入っているビルは新宿の大きな交差点近くにある。
そこは大きな病院が近いのでわりと救急車が通る確率が高い。
そんな交差点で今日、街宣車のウヨクがガーガーとマイクでがなっていた。
もちろん軍歌バリバリ。

ところがその交差点に救急車が差し掛かるや。
ボリュームをスッと下げたそうである。

男前~♪ (あれきさんだーおりょう風に)

【追記】
うちの近くを通った街宣車は、軍歌ではなく「CLOSE YOUR EYES(長渕剛が歌ってる男たちの大和のアレね)」を流しながら行進していた。
敵国語だろうがというツッコミよりも前にまず苦笑w
[PR]
by jack-dancer | 2006-08-09 16:10 | 術後1~2年

We're going on

最近マジメにブログを更新しているのにはワケがある。

去年の3月から7月までの記憶が、アタマのまったく別の部分に格納されてしまい、うまく前後の記憶とつなげることができず、まるでそんな期間はなかったかのような感覚になっているからだ。

つまりおれの夏は2年ぶりということになる。
とても久々の夏で、おれは元気で、丸々と肥えていた妻はややスレンダーになりおしゃれを楽しむようになって、水着なども買い、あちこちに出かけたいと言う。

そしてまだまだ夏は続くのだ。
[PR]
by jack-dancer | 2006-08-07 12:48 | 術後1~2年