子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:通院記録( 26 )

事後報告

本日は山本耕史医師(仮名)の外来診察日でした。
10時診察開始の予定が1時間近く遅れたのはもうお約束です。

 山本「おひさしぶり~。太った?」

いきなりそれですか。
確かにぼくは太りましたがひとの顔を見るたびにそれではちょっとアレだと思うのですが。

 おれ「太りましたよ」
 山本「ステロイド、飲んでるんだよね~」
 おれ「はい。がっつりと」
 山本「んじゃそのせいかもね~。関節、痛いの?」
 おれ「。。。痛いですよ」
 山本「あっ。明日内科なんだ~。じゃ血液はそのときいっしょにネッ」

微妙にかみ合ったようなかみ合わないような三倍速の会話ですが、とりあえず細胞診と血液検査の結果は2008/08/14となりました。
[PR]
by jack-dancer | 2008-07-18 23:37 | 通院記録

肩透かし

今日は寝坊しました。
というよりも。

すっかり外来の日だということを忘れておりました。
日常ブラボー。

メシも食わずに家を飛び出し、外来予定を15分過ぎて病院に到着。

山本医師はあきらかにぼくには興味がない様子で
「細胞診~classイチ~。数字も0.6の1.8。問題ないね~」
と歌うようにカルテを閉じました。

「で、血管外科の件なんだけど。ぼくじゃ書けないのかしら」

は?
ああ。リンパ浮腫の紹介状の件ですね。

「いやあ。でもまだリンパ浮腫って診断されたわけでもないので」
「あ。リンパ浮腫だよ、ソレ」

そうでしたか。 orz

「じゃ、ちょっと医事課に確認してみるから待っててね~」

そして数分後。
[PR]
by jack-dancer | 2008-04-04 10:52 | 通院記録

本日の外来@皮膚科

去年判明した体内のカビ。
前・内科担当医がオロオロしながら正体がつかめなかったアレなんですが。

爪水虫の可能性が大

とのことです。

皮膚科、受診結果はこちら
[PR]
by jack-dancer | 2008-03-15 17:59 | 通院記録

フォローアップ検診

珍しく時間に余裕たっぷりで病院に到着した。

朝イチCTを済ませ山本医師の診察室の前で待っていると、看護師さんが早足で患者さんの間を回りながら何ごとかアタマを下げている。
そのうちおれ(と妻)がならんでかけているベンチにも寄ってきた。

 「Jackさ~ん」

初顔の看護師さんなので、当然のように妻のほうに話しかける。

 「すみません。山本先生(仮名)が遅れていて。すこしお待ちいただくことになります」

ぺこぺこ。

ついこのまえから「患者様の声」とかいう投書箱を設置したようで、きっとあの中はクレームでいっぱいなのだろう。ちょっといつもと対応が違う。
「サービスが良くなる」というのもヘンな言い方だが、まあ悪い方向にはなっていないようだ。
ただ、箱いっぱいのクレーム文面を読むひとのキモチを考えると軽く鬱が入った。

仕事とはいえ、大変なんだろうなあ。。。。

肝心の診察内容
[PR]
by jack-dancer | 2008-03-07 12:16 | 通院記録

外来日でした。

直前に診察室に入っていったひとがものの数分で出てきてしまったのでこころの準備ができずおかしなノリのまま主治医に対面してしまったおれが来ましたよ。

さてフォローアップ検診の結果は無問題。
マーカーはなだらかに右肩下がりだし、細胞診もクラスIのままでした。
ついでに来年3月の記念撮影予約もいれてきました。

 山本耕史医師(仮名)
 「じゃあ3月7日にしよっか。8時30分にネ。電話してボクの予約入れてネッ」

あいかわらずハイで、ちょっぴりゲイバー風味な山本医師(仮名)でした。

ちなみにぼくの通っている病院は検査の説明を看護師から受けます。
診察室ではなく、待合室で。
当然今日も待合室で3月の記念撮影の説明をしてもらいました。

造影剤を使うので朝食は摂らずにくること以外目新しい注意はなかったので、いつもの薬の処方箋とともに予約票を受け取り、今日もついてきてくれていた妻に向かって軽く手を振ると。

ベンチに腰を下ろしたままでっかい目を見開いてうるうるとこちらを見上げています。

 おれ「どしたの?」
 妻「。。。それ。。。検査の紙」

ああそうか。
術後しばらくのフォローアップ検診で、肺に影があるとか胸腺が肥大してるとか、なんだかんだいろいろあったけどそんな心配なことがあるたびにおれは新しい検査の紙を持ってここで看護師さんから説明を受けてたっけ。

ごめんごめん。心配になったんだね。
大丈夫だよ。問題ない。パーフェクトだ。

そしてぼくらは笑顔で外来日の習いとなっているスープ屋へ朝食をとりに出かけました。
[PR]
by jack-dancer | 2007-11-16 10:32 | 通院記録

メトトレキサート

今日は4ヶ月(正確には3ヶ月半)ぶりのフォローアップ検診でした。

山本耕史医師(仮名)は怪しいヒゲを生やし、数ヶ月見ない間にすっかり日焼けなどしていったいどこで遊んでんだかといった危険な風情で(ry

さて今日のタイトルは「メトトレキサート」です。

実は先日受診したリウマチ外来で、「ブシラミンは効果がイマイチだったので今度はリウマトレックス(メトトレキサートの製品名)いっとく?」というような提案を受けているため、その件をちょっくら山本医師に相談してみた。

「メソトレキセート((メトトレキサートの別製品名))? 抗がん剤ね?」
「はい。でも免疫抑制剤である以上、再発が心配で」
「抗がん剤だからね。再発は体の中に少量のガン細胞が残ってたっていうことだから。叩いておくのもアリだとは思うんだけど。いろいろながんに使われてるしね乳がん。膀胱がん。。。あ。これ子宮頸がんには効果ないか。ということは。再発の可能性は年ごとに下がっていくし、もう2年半経過したからって考え方もあるけど、たとえば3年経過してからって手もあるね。リウマチのほうがひっぱれればの話なんだけどね」

以上、ほぼ逐語。テキパキと手元の文献などを確認しながらの回答でした。

フォローアップ検診の結果は16日。17日は膠原病外来に行ってレントゲンやら血液検査・尿検査の結果を引き比べて結論を出す予定です。
[PR]
by jack-dancer | 2007-11-02 13:08 | 通院記録

2年、だそうですw

3ヶ月ごとの定期検診。今日は結果を聞きに行く日でした。

山本耕史医師(仮名)はまったくいつもどおりのノリでした。

 山本「あ、どうも~。皮膚科でよかった?」

これは前回の検診のときに、耳の脇に大きなふくらみができていたのを見咎められ、院内紹介状を書いてもらったときの続きでつまりセンセは2週間後に前の話を続けて話しだした、とw

 おれ「はい」
 山本「で、何だって~」
 おれ「粉瘤だそうです」
 山本「あっそ~だったんだあ。じゃあとは切るかどうかだよね~」

粉瘤とは良性のできもので、まあ切ってから病理はしかたないんだけど、もう何十年もある瘤だしたいしたことはないでしょう。

で、気になる数値のほうはCEA1.5 SCC 0.9。細胞診もクラスIで異常なしとのことでした。

 山本「術後どれくらい経ってるんだっけ」
 おれ「2年と。。。そろそろ3ヶ月ですね」
 山本「そっかあ。。。。(カルテをものすごい速さで読んで)2年のひとヤマ越えたね」

そうか。おれは追加治療が入っているから追加治療後2年経過をひとヤマと見てたんだろうなあ。
ホント食えねえなあ、この先生。こういうところがきわめておれ向きなんだよなあ、うん。

ということで診察時間のうち粉瘤のはなし50%、投薬の話20%、投薬にまつわる保険制度の問題についての話25%、ガンの話5%という内訳でした。
[PR]
by jack-dancer | 2007-08-03 12:00 | 通院記録
術後2年検診の結果発表。
当初から再発の峠といわれていたこの日はおれにとっても妻にとっても大切な日であった。

ところが山本耕史医師(仮名)ときたらまたこっちが座る前から

 山本「あのね細胞診はぜんぜんOK。でマーカーはっと。。。
    確かあがったことなかったよねいままで」
 おれ「カットオフ超えてましたよ。しばらく前は」
 山本「え?そお? ああ、コレね。
    これはねえまあ数字のマジックっていっちゃなんだけどねあはは」

まったくもうあいかわらずハイだなあw

これで次回の検診は3ヶ月後となりました。

今日は告知を受けたあの日のような、雲ひとつないいい空。
ちょっとだけまたピーカンを好きになれそうです。
[PR]
by jack-dancer | 2007-04-27 16:11 | 通院記録

形骸化

今日は2ヶ月に一度のフォローアップ検診。
もちろん先週の救急車騒ぎはバレている。

 山本耕史医師(仮名)「この前なんかあったんだって?」
 おれ「あはは。はあ。まあ(乾いた笑い)」
 山本医師「(カルテ横目に)お腹痛くなっちゃったんだ」
 おれ「いつものだと思ったんですが」
 山本医師「写真はイレウスじゃないんだよね」
 おれ「ワケわかりません」
 山本医師「食べ物が悪かったのかなあ」
 おれ「ううみゅ」
 山本医師「ほかになにか。。。ってか、”キャベツ”って。なに?」

あああああ。
あの当直医そんなよけいなことを書いたか。

実は救急車で担ぎこまれたとき「なにか思い当たる食べ物はありますか」と聞かれていたのだ。
思い当たるふしといえば当日始めたばかりの

 キャベツダイエット
しかなかった。

キャベツダイエットとはその名のとおり、低いカロリーで満足感を得て減量するという画期的な方法で妻が購入した入門書にはこれで30キロ痩せた医師とかの体験談が書かれていて、まあ確かに腸閉塞が持病の人間がいったいなにをやっているのかと思うだろうが、やわらかく煮たキャベツは消化にいいって「ガン術後の食生活」という本にも書いてあり、だからそのつまりあのう。

すみませんごめんなさいもうしません。

【追記】
CTの結果は異常なし。
今回の採血の結果に問題がなければ検診は3ヶ月に1度となります。
[PR]
by jack-dancer | 2007-04-20 00:04 | 通院記録

下がり続けるマーカー

外来に検査結果を聞きに行きました。
またマーカー下がっててびっくり。
妻曰く「りうまちで上がってたんじゃないの」。
胸腺が大きくなったのもそのせいだったんだろうか。

いずれにしろCT早く撮って安心したいところではあります。
[PR]
by jack-dancer | 2007-02-16 23:18 | 通院記録