子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー

2005年 04月 26日 ( 2 )

2005/04/26 入院当日

当日はかなりのドタバタを予想していたが、なんのことはない比較的すんなり入院できた。
しかし入院後病棟に現れたN医師に「昨日救急外来にきましたね」とさっそく昨夜の騒ぎはバレており、いきなり内診。

しかし痛みの原因を聞いてびっくりした。

N医師「こっちが痛いんだよね~」
おれ「ああ。はい」
N医師「こっちは大丈夫だよね~」
おれ「ええ」

N医師の結論
「腫瘍がこっちのほう(直腸のやや右側)を押してますね~。
いきなり大きくなったってことじゃないですよ。
便の出が悪くなれば便秘も起こりますからおなかも痛くなります。
見たところは前回とまったく変わらず大きさは3~4cmってところですから」

あれっ。
このステージのガンって痛くないって話じゃなかったっけ?
転移とか浸潤がなくても痛いの? 痛いのが普通なの?

N医師「(きっぱりと)はい。よくありますよ。
腫瘍が前に出れば膀胱を圧迫してトイレが近くなったりしますしね」

そですか。
ということで痛いのは気のせいじゃなかったそうなので座薬入れてもらいました。
現在はマラソンができそうなほど快適です。
ぼくが本当にステージ1b2で直腸転移等もなく、無事手術後の病理検査もクリアできたら声を大にして「転移じゃなくても痛いことありますよ~」とお伝えしたいと思います。
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-26 22:37 | 入院~手術まで
妻が入院の支度をしながら鼻歌で「部屋とYシャツと私」を歌っている。
昨夜飲みなれない薬を飲んだせいか、自己血採血による貧血の影響か、はたまた気のせいかは不明だが少し気分がよくない。

珍しく夢を見た。
クライアント側のリーダーと、もうやめてしまったそのアシスタントの女の子と複数で、いきなり九州にいる。
おれはクライアントからバイク(サーモンピンクのRZ250というキモカワイイもの)を借りていたらしいのだが、それを山道の某居酒屋前に止めたまま忘れてきてしまう。
単独でタクシーに乗り、居酒屋前に戻るとなぜかみんな別のタクシーでおれを追ってきており、帰りは「手動タクシー」というベンチシートのタクシー(運転手のほかにドアを開けてくれるやつが同乗していた)に乗って仲良く帰る。すでに他界したおれの母親が助手席に乗っていた。
夢でよく見る大きな湖のほとりに「丸井」が立っていて、母とアシスタントの女の子といつのまにか妻と妹も加わって買い物に夢中になっており、入り口は小さかったのに丸井の中は地上2階・地下25階というとんでもない大きさになっている。おれは体調が悪いと言い出せないまま、彼女たちの後ろをふらふらくっついて歩いている。

上記、落ち着いたら分析してみる予定。

【朝食】
豆乳。プルーン2コ。
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-26 09:03 | 入院まで