子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー

2005年 04月 08日 ( 2 )

2005/04/08 久々の料理

昨夜は少し酒を飲んで、タバコも吸った。

でもそれも昨日まで。
手術の予後を考えて、今日から本格的に節煙~禁煙へとシフトする予定だ。

朝、久しぶりに早起きをして食事を作る。
市販のサラダを盛り付けて、パスタを添えただけのものだが、やっぱり自分で作るメシは最高だ。

通常通り出勤。
午前中、妻の友人から薦められたドライプルーンを食いながらデスクトップPCの電源を立ち上げると、前々からイカレていたおれの端末のモニタがついに再起不能となり、新しいものへと交換することになった。
こういうときに我が上司は本当に手当てが早くて助かる。
昼過ぎ、クライアントとおれのピンチヒッター君と3人でミーティング。
ピンチ君はたいへんアタマの回転の速い男で、しかも感情をあまりおもてに漏らさないという、たいへん優秀な人間だ。

30分ほど残業をして帰宅。
途中で体調がさほど悪くないということに気づく。
そのとたん、自分の作った中華風イタリアンがどうしても食いたくなった。
スーパーに寄ってみると、食材がまたドンピシャで揃っている。
ということで久々にナベ振ってみました。

【本日の夕食メニュー】
ホタテ・アスパラ・ブロッコリーのトマト炒め。
わかめとヤマブシタケのスープ。
水菜のサラダ。

今日の喫煙本数・1本(ネオシーダー)。
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-08 23:46 | 入院まで
完全勝利ではありません、もちろん。

でもね。ステージは1b-2だったんですよ。
ぼく的にはほぼ末期を覚悟してたんです。

でも。
コルポ診したカーテンのむこうで、三人の医師がそろって

「1。。。bだね」
「うん。1bの。。。2かな」
「2、でいいよね」
「うん。いいかな」

で、結論「1b-2期」。

この自覚症状ではもう2期どころか末期は確実だと思い込んでいた。
腰痛、排便障害、排尿障害。軽い接触での大出血。

でも先生方はみんな「切れるよ」「手術でいけるよ」と言ってくれた。

術式は
「子宮全摘術・骨盤リンパ節廓清・卵巣・卵管摘出・膣壁(2/3)切除」
だという。

妻の友人は「アナタ、いらないものみんな切ってもらえるわね」と笑って、号泣していた。
妹も。そして妻も。

おれの自覚症状から、全員が末期を予測していたのだ。

みんな、ごめんな。
おれ、元気になって帰ってくるよ。

そして。
クソジジイと呼ばれるまで長生きしてやるぜ!!!!
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-08 01:09 | 入院まで