子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2005/06/01

※喉が痛くてゆうべ眠れなかったそうです。炎症を起こしているのかも、とのこと。
熱は夜7度ちょうど。

いま、喉が痛くて思うように話せないのに、
自分の状態・見通しがはっきりしないせいで、とてもいらいらするようです。
たとえば、いろいろ検査をしているようですが(採血・レントゲン等)、
何のための採血だかの説明をしてもらえず、喉が痛いのでこちらからききにくい、
という状態。
チューブのせいで喉が痛いが、いつはずせるのか、どういう状態になったら
はずせるのか、説明をしてもらっていない、という状態。

もうちょっと看護師さん・お医者さんに配慮してもらうよう、
言ったほうがいいな。>ぢぶん

今日は眠れているといいのだけれど。。。妻かく。

【本人追記】

教授回診時のできごと。

 T医師「●●さん(ぼくのこと)は喉の反射が強くてチューブがつらいようです」
     今朝方キシロカインスプレーを使って見ましたが。。。」
 I教授「かといってキシロ吹きっぱなしってわけにもいかんだろ。ワッハッハ」

ひとしきり豪快に笑うI教授。その後腹部を触診し、喉を見て

 I教授「腸は良さそうだ。喉も潰瘍になるといかんからチューブは抜いたほうがいい」

実はこの先生、名医です。 ※明日に続く
[PR]
by jack-dancer | 2005-06-02 04:51 | 病理結果~追加治療まで