子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

本日の外来@皮膚科

去年判明した体内のカビ。
前・内科担当医がオロオロしながら正体がつかめなかったアレなんですが。

爪水虫の可能性が大

とのことです。





皮膚科の医師はインパルスの板倉(立ち位置・右。何年か連続で吉本の男前ランキングに入っているらしいがまったくもって意味不明)に激似。

靴下を脱いだおれの爪を診るなり、

 板倉医師(仮名)
 「あ。これはね。典型だ」

爪を少しけずってその場で顕微鏡チェック。

 板倉医師
 「いるわ~。水虫だね」

そしてここからが相談。
イトリゾールというカビ用の薬は効くのだが、おれは体質に合わず食欲不振や吐き気で軽い鬱状態になってしまったほどなので使えない。
塗り薬という選択肢もあるが、板倉医師いわく

 「時間がね。かかります。はっきりいって永遠。それくらい」

それも困るなあと往生していたら

 「でもね。これだけは言えます。

  爪は 命を取らない

内心で大爆笑しながら、ぼくはイトリゾールでも塗り薬でもない「ラミシール」という内服薬を選びました。

板倉医師は今後ぼくを水虫専門医に任せるというので、もうお会いすることはないでしょうが、久々に楽しい外来でした。
[PR]
by jack-dancer | 2008-03-15 17:59 | 通院記録