子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2005/05/26

※ちょっと喉がいたいそうです。熱も7度後半。
鼠頸部にちょっと感覚が鈍いあたりがあるそう。
昨日、リンパがたくさんでちゃったそうですが、今日は、胆汁が
どばどばでたそうです。うーむ。  妻かく。

【本人追記】
朝、ベッドを出たら、どばばばばばばばば~っと失禁のようなものが。
というかこのときは確実に尿もれだと思い込み、立ち尽くしたまま言葉がなかった。

がまんができないとか漏れてるとかいうよりは、尿が出ているような感覚がまったくない。
だから止めることもできないのだ。
夕方、膣婁(膀胱と膣の間に穴があいて尿が漏れる現象)の疑いありとのことで青い色のついた水を膀胱に注入する。
これが膣側から染み出してくれば膣婁でビンゴらしい。
膣にガーゼを詰め、緊張の一瞬である。

 山本耕史医師(仮名)
 「●●さ~ん! よかったねえ~! 青いの出てこないよ~!」

いや、たしかに嬉しいけどさあ。
この先生の垂れ流しな感情、もう少しなんとかならんか。

結論:ドレーンを抜いたため腹部にたまったリンパ液が膣断端部から漏れているらしい。
[PR]
by jack-dancer | 2005-05-26 21:57 | 病理結果~追加治療まで