子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2005/05/03・その2 賢者の贈り物

午後、妻と妻の友人が二人お見舞いに来てくれた。
おれの病棟に若い女性が訪れるのは珍しいので、ちょっと病室が華やかになる。

談話室で少しお話した後、食事のため外出することにした。
妻の誕生日が明後日ということもあり、皆さん贈り物をくださった。

かばん道楽の妻のためにArtizan&ArtistのかばんをくださったKちゃん、本当にナイスな選択です。ともすれば元気がなくなりがちな妻には最高の贈り物でした。
Mさんからはくせっ毛で毎朝自毛とむなしい格闘を続けている妻のためにマイナスイオンドライヤー。本当にありがとう。

食事の後、最年長のMさんから「お見舞い」と記された封筒を頂戴した。
現金かと思い、固辞しようとしたおれにMさんは「いいからまずはお開けなさい」。
そしてKちゃんにも同じものが渡され「あなたにはお誕生日プレゼントの先渡しよ」。

封筒の中には 2005年12月17日公演 「劇団四季・オペラ座の怪人」 のチケットが2枚。
妻が泣き出してしまった。

それは、妻と、Kちゃんと、Mさんと初めて見に行ったミュージカル。

そして「もう一度見たい」と切に願っていたミュージカル。

「Jackさん。これで病んだり死んだりしていられなくなったわよね」

Mさんの言葉はいつもおれには姉のように厳しく母のように優しい。

目前の手術に思い悩むおれに、「決してはずせない予定」という名の希望の灯が点された。
東方の3博士が見た輝く星のように。

【追記】
ところでみなさん、こういう先々のチケットの保管方法はどうされていますか。
妻は「おうちが火事になったら困る~」「貸し金庫も銀行が火事になったら困る~」と言って防火の小型金庫を東急ハンズで買ってくるとか言い出したのですが。
[PR]
by jack-dancer | 2005-05-04 09:50 | 入院~手術まで