子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2005/04/26 入院当日

当日はかなりのドタバタを予想していたが、なんのことはない比較的すんなり入院できた。
しかし入院後病棟に現れたN医師に「昨日救急外来にきましたね」とさっそく昨夜の騒ぎはバレており、いきなり内診。

しかし痛みの原因を聞いてびっくりした。

N医師「こっちが痛いんだよね~」
おれ「ああ。はい」
N医師「こっちは大丈夫だよね~」
おれ「ええ」

N医師の結論
「腫瘍がこっちのほう(直腸のやや右側)を押してますね~。
いきなり大きくなったってことじゃないですよ。
便の出が悪くなれば便秘も起こりますからおなかも痛くなります。
見たところは前回とまったく変わらず大きさは3~4cmってところですから」

あれっ。
このステージのガンって痛くないって話じゃなかったっけ?
転移とか浸潤がなくても痛いの? 痛いのが普通なの?

N医師「(きっぱりと)はい。よくありますよ。
腫瘍が前に出れば膀胱を圧迫してトイレが近くなったりしますしね」

そですか。
ということで痛いのは気のせいじゃなかったそうなので座薬入れてもらいました。
現在はマラソンができそうなほど快適です。
ぼくが本当にステージ1b2で直腸転移等もなく、無事手術後の病理検査もクリアできたら声を大にして「転移じゃなくても痛いことありますよ~」とお伝えしたいと思います。
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-26 22:37 | 入院~手術まで