子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2005/10/26 仮面の告白

すいません。正直ビビッてます。
じわじわマーカーが上がってきてるのがつらいです。
手が空くとガン関連サイトを徘徊し、ちょっとでもいいことが書いてあるところを見つけると小躍りし、ちょっとでも悪いことが書いてあるところにぶつかるとマリアナ海溝より深く落ち込みます。

ぼくの主治医は一部患者の方々には「冷たい」と評判がよくないきらいはありますが、決して気休めを言わないタイプであり、わからないことはわからないと断言(?)するし、悪い知らせがあれば正面からそう言う、ぼくにとってはたいへんありがたい医師で、現状に問題がないことはよくわかっています。
あれだけの大きな手術をし、追加治療も行った身が、ひょいひょい走り回ったり休日出勤したりバラエティ番組見て大笑いしたり酒飲んだり腹が減ったとわめいたりできるのも、すべて現在がいい状態であるからなのだと思います。

でもやっぱり不安です。
限りなく3aに近い2b・リンパ転移ありという病理結果からみて、術後の追加治療(放射線25回・シスプラチン滴下5クール)が軽すぎるような気がするとか、子宮頚ガンだけでなく他臓器への転移の有無を確認するのに必要なマーカーはどうなっているのかとか、PETをやったほうがいいんじゃないかとか、もううるせえうるせえ。

この気持ちは5年後、完治宣言が出るまで続くと思うので、いま、正直に書いておきます。
不安です。
[PR]
by jack-dancer | 2005-10-26 14:06 | 術後0~1年