子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2005/10/14 ぼくたちは少し落ち着いたほうがいいと(ry

月イチ外来の日。
いつものように外来開始時刻を10数分過ぎてから、廊下を早足で診察室に向かう山本耕史医師(仮名)を見るのも久しぶりだ。

山本医師「はいおはよございます前回の血液検査は異常なしですSCC1.2でしたのでじゃあ診察しましょう」

ぼくあいかわらず立ったまんまなんですが(苦笑)

それはさておき。。。1.2?
それは微妙に上がっているのではないでしょうか。
ぼくは気が弱いのでちょっとでも上がっているととても気になるのですが。
退院時0.5先月0.9今月1.2ってことは次回には1.5(カットオフ値)になっているのではないでしょうか。

山本医師「だ~いじょうぶですよ~。だってJackさん、術前にどれくらいあったか覚えてます?0.3なんて上がったうちに入りませんよ。細胞診だってクラスⅠだし」

うう。
たしかに細胞診は前回よりいいです。
採取場所にもよるんでしょうが。

山本医師「SCCは皮膚炎でも上がります。扁平上皮は皮膚ですから。ガンがあると皮膚も炎症を起こすのでこのマーカーが上がります。腺ガンでは上がらないんですけどね」

このあと術後半年の記念撮影@CTを撮る予約をしたのだが、血液検査の結果表をもらおうと思って忘れた。
ってか「印字してください」とは言ったんだけど、山本医師も忘れていた。

 いのちに関わることなのでもっと真剣になりましょう>ぼくら

【追記】
わりとどうでもいいことかもしれませんが、痛風の気があるようです。
フォアグラとかアンキモとかカニミソとかカズノコとか細胞の多いものを食べちゃだめと言われました。
好きなものばっかりなのに(;_;
[PR]
by jack-dancer | 2005-10-14 12:00 | 通院記録