子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2005/08/13 ▲▲▲ 帰郷しました

本当に久々の帰郷だ。
年末に妻を伴って帰るための根回しをすることが今回の目的なのだが、手術の経過報告なども兼ねており、少し憂鬱。

ところが結果はまったくノープロブレム。
手術のことはすでに妹から正確に伝わっていたし、親父も妹同様、ダテにおれと40数年付き合ってきたわけではないので、妻ともう5年近くも一緒にくらしており、これからの人生も彼女とともに生きたいと告げると

 「う~ん。昔からなんとなくおまえは娘じゃないような気がしてたからなあ」

とのこと。

しかし一番うれしかったのは

 「たぶんおまえのおふくろが生きていても同じことを言ったと思うぞ」

という言葉だった。

そのあと妻に電話をして親父と話させる。
親父はえらく妻が気に入ったようで「しっかりしたお嬢さんだ」を連発していた。

  人生は短く、やりなおしはきかない。
  それなら他人の作ったルールに遠慮して生きるのはバカバカしい。
  おまえの好きなように生きればいいじゃないか。

実の子供のカミングアウトに際してこんなセリフを吐ける親父を、おれはこころから誇りに思う。
[PR]
by jack-dancer | 2005-08-13 23:42 | 術後0~1年