子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2005/04/02 MRI

導眠剤のおかげか、6時間ぐっすり。
15:05、T医大のすぐそばにある医療施設でMRI検査。
保険証を忘れ、妻がタクシーで往復して取りにいってくれる。

検査自体は特に不快感等はなかった。検査直後、医療施設の看護師さんとは

 「手術の日程とか決まってらっしゃるの?」
 「いえいえ。ってゆ~か、ガンっぽくみえないでしょ?ぜんぜんw」

とかいう軽口を叩き合う元気があったんだが、造影剤の影響か、やや吐き気がする。
検査終了後ちょっと散歩して立ち寄ったファミレスでのスープとパンの昼食がほぼ40時間ぶりの食事だったが、はっきりいってマズい。

東急ハンズで新しい腰痛ベルトを選ぼうとするも、疲れてしまい帰宅。
妻、疲れているのか家に着いたとたん約30分ほど熟睡。
おれもマンガを読みながら少しうとうとする。

だいたいにおいて昨夜もメシこそ食わなかったが酒だけはキッチリ飲めてんだから、いくらガンだからってそんないきなり具合悪くなるわけねえぞ。
甘えてたら体力も気力も落ちていくだけだ。

 「医者でガンを宣告されたんだバカヤロコノヤロおめえ」
 「コーノヤロおめえ
  『手術で取りきれると思うよ』ってなんで不確定な言い方すんだコノヤロおめえ」
 「医者でガンを宣告されたんだバカヤロコノヤロおめえ」
 「コーノヤロおめえ
  『おれは絶対死なない』とか武田鉄矢っぽく盛り上げてんじゃねえぞコノヤロおめえ」

                       (TM いつもここから)

うん。調子が戻ってきたぞ。
[PR]
by jack-dancer | 2005-04-02 19:20 | 確定診断まで