子宮頸ガンになってしまったFTMTSでございます。


by jack-dancer
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2005/06/18 なぜか外泊中

お久しぶりです。Jack-Dancer@本人です。
さて本日は抗がん剤初投与の翌日ということで、たいへんな副作用が予測されている日ですが、なぜか術後の初外泊をいたしております。

実は術後から今まで何かしらの管(点滴・鼻チューブ等)がついていて、とても外泊のできる状態ではなかったのですが、抗がん剤の点滴終了後、突然すべての管から開放されたため、気を良くして外泊申請を出したらあっさり許可。

今回投与されているのは、シスプラチンという「吐き気」が最大の副作用と言われる抗がん剤で
確かに昨夜から軽い吐き気はあるのですが、ガマンできないほどではないので経口の吐き気止めを処方してもらっての外泊を決意した次第です。

術後「合併症のデパート」とまで呼ばれたぼくですが、なんとか外泊許可がおりるところまで回復いたしました。

 【デパート取り扱い商品の例】
 ・腸閉塞
 ・感染症による発熱(原因不明)
 ・CVによる感染症
 ・右足の痺れ
 ・貧血
 ・リンパ液だだもれ(膣断端部より)

これらの症状に対し、ぼくは特別な努力をなにもしませんでした。
どちらかというと妻や看護師さんたちに甘えまくり、決していい患者ではないはずです。
しかし、そんなどうしようもない患者でも、上記のすべてが併発したところで1~2ヶ月程度でなんとかなるもんです。
もし術後の後遺症や合併症で悩んでいる方がいらっしゃいましたら、どうか焦らず、希望を持ってください。

患者にできることは、食事をきちんと摂り(除く腸閉塞時)、睡眠をがっちりとり、ガンガン歩くことくらいです。
それ以外のことは医師と看護師に任せましょう。
不安があったら何でも質問すればいいのです。
不満があれば直接伝えればいいのです。

この2ヶ月の入院でぼくはいらぬストレスをたくさん抱え込みましたが、今思えばそれらのストレスは本当にいらんものばかりでした。

 じかんがかかってもいいじゃないか がんだもの

これがいまの座右の銘です。

 いやパクリはまずかろう>ぢぶん
[PR]
by jack-dancer | 2005-06-18 18:21 | 追加治療~退院まで